クリーンキャンペーンに260人を超える学生が参加
豊田キャンパス内と周辺道路の清掃活動で汗を流す

  豊田キャンパス恒例のクリーンキャンペーン(清掃活動)が、10月2日(土)10:00より約2時間をかけて、260名を超える学生が参加して行われた。

2010028_1.jpg

  体育会・文化会・大学祭実行委員会のメンバーが中心となり、キャンパスおよび、貝津町・乙部町の周辺道路の清掃活動で汗を流した。同町内には学生下宿が多数あり、近隣の住民にも本学の取り組みを理解していただいた。

  クリーンキャンペーンは、キャンパスや周辺道路に落ちているごみや空き缶などを拾い、周りの学生たちにも美化、ごみの分別を呼びかける催し。終わってみればトラックに2台分ほどのゴミを回収することができた。
  参加した学生からは、「クリーンキャンペーンに参加して、普段は気づいていないが大学内や周辺がいかに汚れているかわかりました。今後このような状況を改善できるように他の学生にも働きかけようと思います」と意見が寄せられた。

  学生のみなさんも清掃活動に対する理解はもちろん、地域のみなさまに対しても中京大学生の積極的な姿勢をアピールすることができた。

(豊田学生支援室)

2010028_2.jpg 2010028_3.jpg
  • 記事を共有