ホーム>概要

概要
工学研究科の概要

工学の専門的な技術と知識を身につけ、それを製品やシステムの設計・開発に応用できる高度専門技術者および研究者を養成する。また、学会発表や共同研究などの対外活動を通して、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力に秀でた人材を養成する。さらに、技術者・研究者として高い倫理感を持ち、職業人としての立場を強く意識できる人材を養成する。

学生が以下の力を修得することを教育研究上の目的とする。

1.工学全般にわたる広く深い学識を有し、現代の産業社会が直面する工学上の諸問題を学術的かつ多面的に分析し、自らその解決策を立案する力を身につけていること。

2.学会発表や共同研究などの経験を通して、対外的なコミュニケーションやプレゼンテーションを適切かつ積極的に行える能力を身につけていること。

3.技術者・研究者として高い倫理感を持ち、職業人としての立場を強く意識した言動が取れること。

工学研究科修士課程の概要
専攻名称 修士課程 博士後期課程
機械システム
工学専攻
電気電子
工学専攻
情報工学専攻 工学専攻
入学定員7名7名8名 4名
設置キャンパス名古屋キャンパス豊田キャンパス 名古屋キャンパス
豊田キャンパス
授与する学位名 工学研究科修士課程 工学研究科
博士後期課程
豊田キャンパス15号館外観

Topへ戻る

工学研究科の沿革
西暦和暦研究科関連する学部・研究所
1990年平成2年情報科学部(情報科学科/認知科学科)を豊田キャンパスに設置
1991年平成3年人工知能高等研究所を豊田キャンパスに設置
1994年平成6年情報科学研究科 修士課程(情報科学専攻/認知科学専攻)を設置
研究科長に福村晃夫就任
1996年平成8年情報科学研究科 博士課程(情報認知科学専攻)を設置
2000年平成12年研究科長に田村浩一郎就任情報科学部にメディア科学科を増設
2004年平成16年情報科学研究科 修士課程メディア科学専攻を設置
研究科長に三宅芳雄就任
2006年平成18年情報科学研究科 博士課程メディア科学専攻を設置
研究科長に棚橋純一就任
情報科学部を改組し、情報理工学部(情報システム工学科/情報認知学科/情報メディア工学科)を設置
2008年平成20年研究科長に筧一彦就任情報理工学部に機械情報工学科を増設
2010年平成22年研究科長に輿水大和就任情報認知学科の募集停止
2013年平成25年修士課程 認知科学専攻の募集停止情報理工学部を工学部へ改組
4学科体制とし機械システム工学科/電気電子工学科を名古屋キャンパスに、情報工学科/メディア工学科を豊田キャンパスに設置
2014年平成26年研究科長に長谷川純一就任
2017年
平成29年情報科学研究科 修士課程を工学研究科 修士課程に改組
3専攻体制とし、機械システム工学専攻/電気電子工学専攻を名古屋キャンパスに、情報工学専攻を豊田キャンパスに設置
2019年 平成31年 博士後期課程 工学専攻 2019年4月設置

Topへ戻る