教員紹介
Staff

手塚 崇聡 准教授

名前 手塚 崇聡 准教授  (てづか たかとし)
学位 博士(法学)(慶應義塾大学)
出身校 慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程
研究室 名古屋学舎14号館 5階
ウェブサイト 個人のウェブサイト

自己紹介

国際法規範の裁判所における国内的な利用について、主に司法権における憲法解釈論に焦点を当てて研究を行っています。またその他に、テロ対策、薬物規制、公文書管理などに関しても興味があります。講義では事例やたとえ話を使い、 なるべくわかりやすく解説することを試みますので、一緒に勉強していきましょう。

学会・公職活動

日本公法学会、憲法理論研究会、全国憲法研究会、比較憲法学会、国際人権法学会、慶應法学会、日本カナダ学会、日本臨床政治学会、日本法政学会

主な著書・論文

(単著)『司法権の国際化と憲法解釈』(法律文化社、2018年)
(共編)『ケースで学ぶ法学ナビ』(みらい、2018年)
(共著)中京大学社会科学研究所編『 地方公共団体における公文書管理制度の形成-現状と課題―』(公職研、2017年)
(共著)新井誠他編『変容するテロリズムと法』(弘文堂、2017年)
(共著)大沢秀介・大林啓吾編『判例アシスト憲法』(成文堂、2016年)
(共著)辻村みよ子ほか編『憲法基本判例』(尚学社、2015年)(「公務員の人権」30-49頁)
(共著)駒村圭吾編『プレステップ憲法』(弘文堂、2014年)(「第6章天皇制」58-67頁、「第7章平和主義」68-77頁)
など
 

ページトップへ