カリキュラム

概要

3つのコースと6つの履修モデル

将来の進路に応じた合理的なコース設定

1年次に、法学を学ぶ上での必須の法律用語やその用法などを学び、専門科目を学ぶための導入とします。専門科目は将来の進路に応じて3つのコースと6つの履修モデルを設定し、それぞれの進路に必要な専門性を体系的かつ合理的に獲得することが可能となっています。

法律コース
国家公務員(総合職)・ロースクール進学モデル
国家公務員(一般職)・地方公務員(上級)モデル
警察官・消防士モデル
企業コース
民間企業就職モデル
政治コース
NPO・議員秘書モデル
教員・公務員モデル
主な選択必修科目
憲法Ⅰ・Ⅱ/行政法Ⅰ・Ⅱ/民法Ⅰ~Ⅴ/刑法Ⅰ・Ⅱ/商法Ⅰ・Ⅱ/刑事訴訟法/民事訴訟法Ⅰ
民法Ⅰ~Ⅳ/商法Ⅰ~Ⅴ/経済法/労働法/民事訴訟法Ⅰ・Ⅱ/刑法Ⅰ・Ⅱ
政治学概論/政治史/国際政治/国際法/憲法Ⅰ・Ⅱ/行政法Ⅰ・Ⅱ/法哲学/法史学

入門科目の設置

教育の特色

法律は難しいという印象を持たないようにするために、専門科目を学ぶ前に入門科目を設置しています。「法学・憲法の基礎」「民法入門」「刑事法入門」「政治学入門」の4つの入門科目があり、これらを履修する事で基礎知識を確かなものとします。

演習(ゼミナール)

法学の実践をめざす「演習」を1年次よりスタート。専門科目の学びとの相乗効果により、しっかりとした基礎のもとに応用力の強化を図ります。また、ディベートやディスカッションを通じて、法的なものの考え方を追求するために、大いに役立ちます。

LPP(選抜制) Legal Practice Program:法実践プログラム

法的な知識と素養を実際に「使う場」を想定した法教育プログラムを、選抜制により実施します。現役公務員などの実務家によるリレー講義を中心に、現代社会のさまざまな課題解決をめざした先進的な講義を展開します。

講師となる実務家
国家公務員・地方公務員
弁護士
民間企業の法務部、総務部担当者
NPOメンバー
など
講義テーマ
「地方分権・道州制を考える」
「実務家と民法を考える」
「変革の時代の国家政策形成」
「IR実践論」

資格対策[資格センター]

学部で理論について学び、資格対策として学内の資格センターを利用する学生の多い法学部はとりわけ公務員採用試験や難関資格試験において高い実績を誇ります。

また、資格センターでは法学部の学生に向けた独自イベントを実施しています。

  • 法学部生向け資格関連ガイダンス<1年次4月>
  • 国家公務員(総合職)・難関資格合格者・民間企業内定者による報告会・相談会<1・2年次10月>

資格センター