カリキュラム

ホーム > カリキュラム > 学部固有科目

学部固有科目

学部固有科目一覧

注意事項

以下の表は、配当年次(履修するのが望ましい年次)です。配当年次前の履修はできませんが、配当年次以降の履修は可能です。したがって、内容が難しいと感じる場合は、翌年次以降に履修することをおすすめします。

学部固有科目一覧表
学部固有科目一覧表

拡大する(PDF)

授業形態

各授業は週1回半期2単位(一部科目は1単位)ですが、法学部の一部の科目は、その特性により下記のような形態で授業を行うことがあります(2年次以降配当科目は予定)。

週2回半期4単位型

1週間に別曜日時限に2時限分の授業を行い、学期の終わりの試験で合格点に達することで、4単位認定される科目。必ずA・Bの両方の科目を履修しなければなりません。

週2回半期4単位型科目
商法ⅠA・B/商法ⅡA・B/商法ⅢA・B/経済法A・B/労働法A・B/社会保障法A・B/法哲学A・B/比較法A・B/国際法A・B

積み上げ型

開講は週1回ですが、「A」を単位修得できなかった場合は、「B」を履修できない科目。たとえば、憲法ⅠAを履修して合格すれば、憲法ⅠBを履修することができますが、憲法ⅠAが不合格もしくは未履修の場合は、憲法ⅠBを履修することができません(憲法ⅠBを履修したい場合は、憲法ⅠAを履修して合格する必要があります)。

積み上げ型科目
憲法ⅠA・B/民法ⅠA・B/民法ⅢA・B/刑法ⅠA・B/刑法ⅡA・B/政治史A・B/経済原論A・B

ページのトップへ

卒業要件

卒業に必要な単位は下表の通りです。 卒業要件を満たさなかった場合は、留年となります。 履修登録や卒業要件(修得単位等)の確認については、すべて各自の責任において行ってください。

科目区分 卒業所要単位
全学共通科目 44単位
学部固有科目 80単位
合計 124単位
4年生卒業要件

4年生において全学共通科目・学部固有科目より4単位以上履修・修得しなければなりません。 なお、第7セメスターと第8セメスターそれぞれ2単位以上履修・修得しなければなりません。
3年生において卒業所要単位を充足した場合についても、上記の要件は適用されます。
ただし、本学法学部における在籍期間が4年を越えた者については、上記のルールは適用しません。卒業所要単位を修得すれば卒業することができます。

履修登録制限単位

下表の通り、学期ごとに定められた履修登録制限単位(1学期に履修できる単位数の限度)を超えて科目を履修登録することはできません。

学年 1 2 3 4
学期
制限単位数 23 25 24 24 24 24 24 24