LPP

ホーム >支える会

法学部生の将来を考え支える会」って何?

「法学部生の将来を考え支える会」は何をする会?

中京大学法学部は2010(平成22)年に「法学部生の将来を考え支える会」(以下、「支える会」)を立ち上げました。「支える会」は、法学部の学生が各自で目的意識を持ち、その上で公務員採用試験に合格したり、自分の志望する民間企業へ就職したり、自分の将来に役立つ資格を取得するためのサポートを行っています。さらに、大学卒業後も、中京大学で学んだ教養および専門的知識のすべてを使いこなし、独り立ちし、一人前以上の仕事をし、社会で活躍できるような人材の育成へとつながるサポートもしています。

「支える会」は、その具体的な活動の一部として、公務員採用試験合格者・民間企業内定者による報告会や、官庁や民間企業で活躍する人々による講演会を企画してきましたが、それらは2014年度より必修科目「キャリア形成の基礎」の一部分として法学部のカリキュラムに取り込まれました。また、2016年度より法学部の有志学生が、学生FD(Faculty Development)組織として「中京大学法学部改革向上学生委員会(愛称:Claris〔クラリス〕)」を立ち上げ、法学部生の将来のためになるイベント(ゼミ相談会、法学部ゼミ対抗プレゼン大会など)を学生主体で企画・実施するようになりました。そこで、「支える」会は、2017年度より、Clarisの活動をバックアップすることを活動の軸にすることとしました。

支える会の役割

「支える会」の役割は、自動車で例えると、車の両輪をつなぐ車軸であり、かつナビゲーターでもあります。

1.
「運転手」は、中京大学法学部生です。
2.
「目的地」は、社会で活躍することです。
3.
「エンジン」と「車体」は、中京大学の全教育システムです。
4.
「車の4つのタイヤ」は、①法学部の専門科目、②法学部の演習科目、③学生サポートを担う学内の各センター(資格センター、キャリアセンター、国際センター等)の各種プログラム、④学生FD組織「Claris」主催の企画です。
5.
「支える会」は、それぞれのタイヤがバラバラにならないように強く結びつける「車軸」であり、運転手が迷うことなく確実に最短距離で目的地に着けるように導く「ナビゲーター」でもあります。
「支える会」のモットー

「支える会」は、「世界一、学生の将来を考え、学生を大切に育成する法学部」をモットーとしています。

活動内容

1.
学生FD組織「中京大学法学部改革向上学生委員会(愛称:Claris)」の活動のバックアップ
2.
法学部通信「ひまわりのタネ」の発行(法律科目や専門的知識の理解をスムーズに行えるような勉強方法などを紹介する機関紙)
3.
壁新聞「正義を見つめる眼」の掲示(新聞等に掲載された法律関係の記事をまとめた掲示板)
4.
法学部生のための「キャリアセンター」・「資格センター」・「国際センター」等との密接な連携
5.
その他、法学部生の将来のためになるあらゆること

幹事会

「支える会」幹事会は法学部の専任教員で構成されています。

2017年度幹事会
幹事長
京俊介准教授
幹事長代理
土井崇弘教授
幹事
濱﨑智江准教授
柴田洋二郎准教授
メッセージ


幹事長 京俊介

Clarisメンバーの皆さんへ

主体的・自律的に活動してください。学生らしい発想の企画を期待しています。学生だけでは限界がある部分については私たち教職員がサポートしますので、気軽に相談に来てください。

学部生の皆さんへ

講義やゼミでの勉強や公務員試験対策等ももちろん大事ですが、社会、特に組織で活動する際に必要とされるさまざまな能力は、私自身の経験からみても、サークル活動等で身につくことが多いです。加入するサークルの選択肢の1つとして、Clarisはいかがでしょう?


幹事長代理 土井崇弘

皆さんの将来の夢を達成するために、全力でサポートします。自分自身の能力と可能性を信じて、必要な努力を惜しまないで下さい。