トップページ > 学位授与の方針(心理学研究科)

学位授与の方針(心理学研究科)

 心理学研究科は、定められた課程を修め、以下の学習成果を挙げた者に対して学位を授与します。

教育研究上の目的(理念・目的)

博士前期課程(修士課程)

1.実験・応用心理学専攻は、基本的心理過程に関する学識を有し、その応用により快適で安全な人間環境系の設計に寄与する学術研究者あるいは専門実務者の養成を目的とする。実験領域では、実験・測定・解析など基礎と応用を繋ぐ多様な方法に精通した人材を養成し、応用領域では、基礎研究の成果を踏まえ、現実的諸問題の解決を可能にする心理技術を修得し、社会的要請に応じて専門的実務に従事する人材を養成する。

2.臨床・発達心理学専攻は、心理学全般にわたる広い学識を有し、適応事象の基本を身につけた専門的実務者あるいは学術研究者を養成する。臨床心理学領域では、心理的適応の困難な個人又は集団に対し適切な援助を行う専門的実務者を養成し、発達心理学領域では、重要な発達研究法である観察を駆使した社会的行動の発達過程の追跡、分析を通して、現実事態における諸問題に対して適切な提言を行う実務者を養成する。

博士後期課程

1.実験・応用心理学専攻は、人間の基本的な心理過程を解明するとともに、その応用によって快適で安全な人間環境系の設計に寄与する学術研究・教育者あるいは高度専門実務者の養成を目的とする。実験領域では、人間の基本的心理過程を解明する先端的研究を推進する人材を養成し、応用領域では、現実的諸問題の解決を可能にするための心理技術の高度化を行うとともに、社会的要請に応じて諸問題を解決する人材を養成する。

2.臨床・発達心理学専攻は、人間全般にわたる広い学識を有し、適応過程を解明するとともに、適切な援助を与えることのできる高度専門的実務者あるいは学術研究・教育者を養成する。臨床心理領域では、適応、人格、心理査定などに関する基礎的研究、臨床事象に関する研究に従事するとともに、適切な心理臨床を行う人材を養成し、発達心理学領域では、人間の生涯にわたる発達を体系的に解明するとともに、発達的諸問題に対して適切な提言を行う人材を養成する。

学習成果(教育目標)

博士前期課程(修士課程)

 心理学研究科博士前期課程は、上記の目的に基づき、定められた課程を修め、研究指導を受けた上で修士論文(※)を作成提出し、その審査および最終試験に合格した者に対して修士(心理学)を授与する。

1.心理学全般にわたる広く深い学識を有し、現代の人間および人間社会が直面する諸問題に学術的側面から多面的に取り組み、社会的な要請に応えるために自ら考え、表現する力があること。
2.心理学を専門とする自立した研究者としての学識を有し、博士後期課程に進学できる能力を身につけていること。
3.修得した知識と技能を用いて、社会に貢献できる専門的実務者としての能力を身につけていること。
4.研究者または職業人としての自覚を持ち、高い倫理観を身につけていること。

※ 修士論文の審査基準は以下のとおりとする。
1.先行研究の整理と問題設定が適切になされていること。
2.問題設定にもとづいた研究方法およびその実行が適切であること。
3.得られた結果から明確な結論が導き出され、かつ今後の課題が議論されていること。
4.上記の問題設定・実行・結論が適切な章立てで論述されていること。
5.図・表・引用文献・データ等が適切に明示されていること。
6.全体として論述が簡潔明解であり、本文・資料の分量が適切であること。
 修士論文の審査基準1~3は内容について、4~6は形式についてであり、これら2点から審査し、口述試問と併せて合否判定を行う。

博士後期課程

 心理学研究科博士後期課程は、上記の目的に基づき、定められた課程を修め、研究指導を受けた上で博士論文(※)を作成提出し、その審査および最終試験に合格した者に対して博士(心理学)を授与する。

1.心理学の専門家としての高度な研究能力とその礎となる豊かな学識を身につけていること。
2.独創的な研究活動を旺盛な意欲を持って遂行し、研究の成果を広く発表することにより優れた研究者として認められること。
3.現代の人間および人間社会が直面する諸問題に学術的側面から多面的に取り組み、解決への道筋をつけていく力があること。
4.研究者または職業人としての自覚を持ち、高い倫理観を身につけていること。

※ 博士論文の審査基準は以下のとおりとする。
1.問題解決のために斬新な方法が採択され、その確実な実行により成果が得られていること。
2.内容が国内外の審査のある学術誌に、あるいは著書として公表されたものを含むこと。
3.論文のもつ意義が、専門および関連領域のなかに明確に位置づけられていること。
4.研究成果が学会および社会に貢献できる可能性を有すること。博士論文においては、当該研究分野の先行研究の整理にとどまらず、深く問題点を分析し自らの研究により従来の研究を発展させる可能性を示すことが求められる。

pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.