教員紹介
Staff

吉子 彰人 助教

名前 吉子 彰人 助教  (よしこ あきと)
学位 博士(医学)
出身校 名古屋大学大学院
出身地 岐阜県 出身
研究室 豊田学舎9号館 7階

自己紹介

個人スポーツやティームスポーツ(スポーツ実技),健康科学AB,基礎ゼミを担当しています.スポーツ実技の重要な点には,仲間と協力すること,相手とコミュニケーションを取ること,競技力を向上させること,さらにはスポーツの健康面への重要性を認識することです.スポーツを通して健康への意識を高めるとともに,仲間との調和・連帯する力が身につくような授業展開を目指します.また健康科学では,運動生理学やトレーニング科学を中心に授業を展開します.できるだけ身近な話題をきっかけに「健康」に関する「科学」的な知識を獲得し,大学生活の質の向上に役立て欲しいと考えています.
主な研究テーマは,「高齢者の筋肉の質」です.高齢者の筋力が低下する要因のひとつに,筋肉のなかに脂肪が溜まってくること(いわゆる霜降り状態になること)が挙げられます.この霜降り度合いは“筋肉の質,muscle quality”として注目され始めています.現在は,中京大学スポーツ科学部,名古屋大学,岐阜市立女子短大.国立スポーツ科学センター,民間クリニックの先生方と協力して研究を行っています.今後は,若者の筋肉の質にも注目するとともに,運動をしている時の筋肉の質の変化 (主に筋肉のなかの脂肪の変化) に着目して研究を実施していこうと考えています.

学会・公職活動

日本体力医学会,日本体育学会,日本サルコペニア・フレイル学会,アメリカスポーツ医学会

主な著書・論文

1. Yoshiko et al. Muscle deoxygenation and neuromuscular activation in synergistic muscles during intermittent exercise under hypoxic conditions. Scientific Reports 10: 295, 2020
2. Yoshiko et al. Higher and lower muscle echo intensity in elderly individuals is distinguished by muscle size, physical performance, and daily physical activity. Ultrasound in Medicine & Biology 45 (9): 2372-2380, 2019
3. Yoshiko et al. Twenty-four months’ resistance and endurance training improves muscle size and physical functions but not muscle quality in older adults requiring long-term care. The Journal of Nutrition, Health & Aging 23 (6): 564-570, 2019
4. Yoshiko et al. Effects of 10-week walking and walking with home-based resistance training on muscle quality, muscle size, and physical functional tests in healthy older individuals. European Review of Aging and Physical Activity 15: 13, 2018
5. Yoshiko et al. Effect of post-fracture non-weight-bearing immobilization on muscle atrophy, intramuscular and intermuscular adipose tissues in thigh and calf. Skeletal Radiology 47 (11): 1541-1549, 2018

担当科目

個人スポーツ,ティームスポーツ,健康科学AB
ページトップへ