教員紹介
Staff

小川 翔大 准教授

名前 小川 翔大 准教授  (おがわ しょうた)
学位 博士(教育学)
出身校 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科
出身地 静岡県 出身
研究室 豊田学舎9号館 7階
ウェブサイト 個人のウェブサイト

自己紹介

発達心理学・教育心理学が専門です。「思春期・青年期の友人関係の発達と適応」を主要テーマに研究してきました。特に,ネガティブな状況や心理状態の時に得られる友人の心理的サポート(例えば,慰め行動)の機能に関心があります。研究以外では、中学校教員として理科を教えたり、小学校・中学校のスクールカウンセラーとして勤務した経験もあります。研究や教員養成を通して、教育現場への貢献をしていきたいと思います。

学会・公職活動

日本心理学会、日本教育心理学会、日本発達心理学会、日本保育学会、Society for Research in Child Development、Society for Personality and Social Psychology.

主な著書・論文

小川 翔大(2021).児童期Ⅱ 中道圭人・小川 翔大(編)教育職・心理職のための発達心理学 ナカニシヤ出版(pp.118-131)
小川 翔大(2020).知覚された自尊感情の変動性尺度の日本語版作成と信頼性・妥当性の検討,心理学研究, 91, 173-182.
小川 翔大(2018).青年期における親密な友人への効果的な慰め:テストの失敗場面に着目して,教育心理学研究,66,136-149.
小川 翔大・原田理恵・中澤 潤(2017).虫飼育活動における熟達した保育者の働きかけ:幼児への言葉かけの内容に着目して,保育学研究,55,177-188.

担当科目

学習・発達論、教職入門、教育実践演習
ページトップへ