総長・理事長、学長挨拶

立ち止まらず挑戦と改革を

理事長
理事長 梅村清英

 中京大学は、1923年(大正12年)に設立された中京商業学校(現・中京大学附属中京高等学校)を源流とします。1954年(昭和29年)に商科のみの中京短期大学として開学し、2年後の1956年(昭和31年)に4年制大学となりました。
 現在は、国際学部、文学部、心理学部、法学部、経済学部、経営学部、総合政策学部、現代社会学部、工学部、スポーツ科学部という10学部と9研究科を擁する、全国でも有数の規模を誇る総合大学に発展することができました。名古屋と豊田の2つのキャンパスでは合計1万2000人を超す学生が学んでいます。大学院修了生を含めた卒業生の数は14万人を超え、各界で幅広く活躍しています。
 中京大学は、独自の教育理念として校訓「真剣味」、建学の精神「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」を掲げています。「真剣味」は知育、体育、徳育を兼ね備えた人材の育成を意味し、建学の精神は守っていくべき不変の価値観として「ルールを守る」「ベストを尽くす」「チームワークをつくる」「相手に敬意を持つ」の四大綱を示しています。

 中京大学は知の拠点として更なる飛躍を遂げるため、「しなやかに挑み続ける新生・中京大学」をキャッチフレーズに、2014年から、長期計画「NEXT10」に基づく改革に取り組んでまいりました。教育、研究、社会連携、国際化、卒業生連携の5つを骨子とする行動計画を実行し、着実に成果を挙げてきております。
 こうした実績を踏まえ、今後は学校法人梅村学園の長期ビジョン「UMEMURA VISION 2033」に基づく新たな長期計画「NEXT10‐Ⅱ」(仮称)を策定し、学術の進化と深化、教育と研究の調和、ダイバーシティとグローバル化、地域の学びへの貢献を、より一層推し進めてまいります。

 未曽有の困難に見舞われた私たちの社会にあって、大学教育のあり方もあらためて問い直されようとしています。しかし大学を取り巻く環境がどれだけ大きく変化しようとも、大学の主人公が学生であることに変わりはありません。学生の皆さんが自らの可能性を広げ、苦境の中でもたくましく生き抜いていく力を身に付けられるよう、中京大学は全力で支援してまいります。

 梅村学園は来年に創立100周年、中京大学は再来年の2024年に開学70周年を迎えます。誇りをもって大きな節目を迎えることができるよう、立ち止まることなく挑戦と改革を続けてまいります。

学校法人梅村学園 総長・理事長
中京大学長        
梅村 清英

大学案内