奨学金を出願する前に

どうして奨学金が必要なのかを考えてください。

奨学金を受けたいと思った時は、まず何のために奨学金が必要なのかを具体的に考えてから選択してください。奨学金はそれぞれ出願条件や支給条件があります。『奨学金を利用して何をしたいか』そして『そのためにはどの程度の金額が必要となるか』を可能な限り具体的に考えてください。

奨学金の種類を確認してください。

奨学金には返還が不要な『給付型』と返還が必要な『貸与型』があります。自分が出願する奨学金がどちらであるかを必ず確認してください。

貸与型奨学金を返還するのは自分自身(学生)です。

貸与奨学金は貸与終了後に返還の義務が生じます。どの期間にいくらずつ返還しなければならないかをきちんと把握し、責任をもって返還ができるよう計画してください。

奨学金を申請するのは学生本人です。

説明会への参加、申請書や誓約書の作成および提出は学生本人が行ってください。ただし、申請の内容によっては『連帯保証人』や『保証人』に手続きをお願いすることがあります。

奨学金に関する連絡に注意してください。

奨学金の連絡は『CHUKYO ALBO』より行います。告知を見落としてしまうことで本人に不利益が生じることがありますので常に注意を払ってください。緊急度や重要度の高い事項については、大学に登録されている住所および電話番号へ連絡する場合があります。住所、電話番号等を変更した場合には、『ALBO』より内容を変更してください。

変更方法は<こちら

各種奨学金制度

奨学金によって併用ができない場合があります。
詳しくは『奨学金併用可否表』を確認してください。